蔵元探訪

動画で訪ねる日本酒蔵元
-銘酒 蔵元探訪記-

頚城酒造〈新潟県 上越市〉

いわずと知れた淡麗辛口の日本酒王国、新潟県。すばらしい蔵元がたくさんある中、訪ねたのは上越市柿崎の蔵元、頚城酒造さんです。日本海に面し、三方を山に囲まれた柿崎は、地元の人が「何もないけど何でもある」という土地柄。海の幸、山の幸、畑の幸とうまいものがてんこ盛りの上、名水に恵まれて、良い酒ができるのです。

篠崎〈福岡県 朝倉市〉

福岡県に、甘酒の大ヒット商品を持つユニークな蔵元があると聞いて訪ねたのがこの篠崎さん。麹の持つ魅力を追求していく中で、甘酒の製造を手がけ、長い時間をかけて理想の甘酒をつくりあげました。もともと日本酒だけを作っていた蔵ですが、「新しい麹文化の発信」をめざして、甘酒や独特の味わいを持つ麦焼酎も手がけてきました。

寿虎屋酒造〈山形県 山形市〉

山形県も、酒処として有名な土地。蔵王山系からの伏流水で醸された日本酒はやわらかく、格別な味わいです。近代的な設備と職人の感覚が作り出す酒は、あくまで柔らかく、芳醇でした。

小坂酒造場〈岐阜県 美濃市〉

長良川水系の、甘くておいしい水でお酒を作っています。日本酒の原材料の中で水の存在はとても大きいものですが、この水で作ると、味が「賑やか」で「楽しい」お酒ができます。あっさりとしてきれいなお酒とかスッキリ、ということではなくて、酸味、辛味、旨味など、日本酒の色んな味が、皆さん主張しあって、それでもなおかつ、調和がとれているようなお酒、それがうちの酒の共通した特徴です。

梅錦山川〈愛媛県 四国中央市〉

梅錦の酒造りで大きな特徴のひとつは、使用する酒米の種類の豊富さです。全国から取り寄せた10種類以上の酒米を使い分け、単独で、あるいはブレンドしながら多彩な日本酒を造り分けています。同じ品種でも産地の気候によって特徴が違い、酒の造り方も味わいも変わってくるそうです。様々な酒米を「使いこなす」高い知見と技術が蓄積されているのです。

さらに詳しい内容は担当営業までお問い合わせください。
掲載内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。