マーケット&データ

RTDレモンの消費者トレンドを
徹底リサーチ!
チャネル別、商品別で
購買行動の特徴が明らかに!

RTDは前年対比107%、依然として好調トレンドを推移

RTDカテゴリーは市場のトレンドとして前年比107%で推移しています(KSP-POSデータより)。乾杯はビールという慣習が崩れ、一杯目からレモンサワーを頼む消費者が増えてきました。居酒屋では進化系レモンサワーが続々登場し、インスタ映えレモンサワーも注目されています。
また、飲料大手コカ・コーラ社もRTD市場に新規参入するなど、レモンサワーの競争は激化しています。今回は売れ筋TOP3のレモンサワーRTDを分析しました。

スーパーとドラッグストアでは売れ筋商品が変わる

本記事の各商品データは350mlを集計しています。

スーパー売上金額推移
(1店舗あたり・全国エリア)

※ID-POS 全国1000件対象

『キリン氷結レモン』が1位を維持しているものの猛追を受けています。注目は『TaKaRa焼酎ハイボールレモン』が売上を増加させていること。2018年に入ってから『サントリー–196℃ストロングゼロダブルレモン』を抜いて2位に上昇しています。

ドラッグストア売上金額推移
(1店舗あたり・全国エリア)

※ID-POS 全国5000件対象

『サントリー–196℃ストロングゼロダブルレモン』が1位トレンドに、『TaKaRa焼酎ハイボールレモン』に関してはスーパーマーケットより売上トレンドが急上昇し、2018年1月より『サントリー–196℃ストロングゼロダブルレモン』に次いで2位に。『キリン氷結レモン』はスーパーマーケットでは1位ドラッグストアでは3位とチャネルで大きく変動しています。

スーパーマーケット1位はキリン氷結。ドラッグストア1位はサントリー-196℃と、チャネルで売れ筋が変動してます。

ツイッター、インスタグラムから分析する各商品の購買特徴

※2017年6月〜2018年5月の投稿を抽出

キリン氷結レモン -定番買い-

『キリン氷結レモン』は安定の万人受けトレンド。料理と一緒に楽しむ投稿が多い。

  • 『キリン氷結レモン』は万人受けトレンド。料理と合わせた投稿が多い。
  • RTDの定番商品。料理との相性が支持されてます。
  • スタンダードなRTDとして広く支持されている氷結シリーズ。定番の品揃えはもちろんですが、SNSの口コミでは料理と合わせた投稿が多いのが特徴。そこで売場でも料理との相性をアピールするPOPや惣菜コーナーとの関連販売等、食との連動を意識した売場づくりでアピールしたい商品です。

ツイッター投稿件数推移

サントリー-196℃ストロングゼロ ダブルレモン -ブランド買い-

ストロングシリーズが好きで、その中でダブルレモンを選んでいる投稿が多い。

  • ストロングシリーズが好きというブランドファンが多く投稿している。
  • 自然発生的に「ストロングゼロ文学」という投稿が流行っている。
  • 『-196ストロングゼロ』にはたくさんの商品ラインナップが揃っています。SNSの投稿からはこのブランドに対するこだわりが伺えます。定番フレーバーの品揃えだけではなく、ブランドファンに向けて限定商品や色々なフレーバーを揃える事で購買意欲を喚起させたい商品です。

ツイッター投稿件数推移

TaKaRa焼酎ハイボールレモン 
-熱狂買い-

『TaKaRa焼酎ハイボール』は、指名買い!好き、愛してるなど、商品に対する情熱の投稿が多い。

  • 『TaKaRa焼酎ハイボールレモン』は指名買い、好き、愛しているなど、商品に対する情熱の投稿が多い。
  • 熱狂的なファンがいるRTD! バンドル販売が効果的
  • 熱狂的なファンを掴んでいる商品ということがSNSの投稿から伺えます。冷ケースや定番棚だけではなく、エンド等を使ったバンドル販売が有効かと思います。

ツイッター投稿件数推移

さらに詳しい内容は担当営業までお問い合わせください。
掲載内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。