ニュース&トピックス

世界トップクラスの
コンペティション
IWC 2018 SAKE部門
「チャンピオン・サケ」
「グレートバリューアワード」
「サケ・ブリュワリー・オブ・ザ・イヤー」が決定

2018年7月11日(日本時間)、英国・ロンドンで IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)2018 SAKE部門の「チャンピオン・サケ」と「グレートバリュー・アワード」の受賞酒、そして「サケ・ブリュワリー・オブ・ザ・イヤー」の受賞酒蔵が発表されました。

IWC 2018「SAKE部門」

出品社数:456社、出品銘柄数:1639点

世界トップクラスのコンペティション IWC 2018 SAKE部門 「チャンピオン・サケ」「グレートバリューアワード」「サケ・ブリュワリー・オブ・ザ・イヤー」が決定

※県名トロフィー/地名トロフィー:「トロフィー」銘柄にはわずかに及ばなかったものの、高い評価を得た、産地が異なる次席の銘柄に授与されるもの。

IWC 2018「SAKE部門」は過去最多の1639点が出品

インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)は、1984年からロンドンで行われている世界最大規模のワイン品評会です。日本酒の審査部門である「SAKE部門」は、2007年に創設されました。
SAKE部門は9つのカテゴリーに分かれており、各カテゴリーのそれぞれで「金」「銀」「銅」のメダル受賞酒と「推奨」酒が選ばれ、金メダル酒の最も優れた1本に、各カテゴリーの最高賞にあたる「トロフィー」が授与されます。審査は世界に370人しかいない “マスター・オブ・ワイン” や、著名なソムリエ、バイヤー、ライター、教育者など、14ヶ国、約60名の審査員によって、公平・厳正に行われます。
2018年のSAKE部門は過去最多の456社から1639点が出品。トロフィー決定までの審査は日本開催となり、5月に山形県の山形ビッグウィングで行われました。

チャンピオンに「奥の松あだたら吟醸」

さらに7月11日(日本時間)には、ロンドンで開催されたアワードディナーで、トロフィー受賞酒のうち、各部門を横断して、その年の最優秀賞である「チャンピオン・サケ」を決定。今年は福島・奥の松酒造の「奥の松 あだたら吟醸」が受賞しました。
また、シルバーメダル、ゴールドメダル受賞酒のなかで日本での小売価格が1,000円以下、かつ生産量が四合瓶換算で10万本以上という優れたコストパフォーマンスを発揮した「グレート・バリューサケ」の受賞酒のなかから1銘柄「グレートバリュー・アワード」として京都・月桂冠「月桂冠 特撰本醸造」が選ばれました。最も優れた「蔵」を選出する「サケ・ブリュワリー・オブ・ザ・イヤー」には、山形・東北銘醸株式会社が選ばれました。

国内外で大きな話題となるIWC上位入賞酒

IWC「SAKE部門」の「チャンピオン・サケ」をはじめとする上位入賞酒は、外務省が「海外の人の口に合うこと、毎年受賞酒が変わるので公平性があること」という理由で2011年より在外公館用に採用したり、先進国首脳会議の各国首脳へのおみやげにも過去の受賞銘柄が選ばれるなど、毎年大きな話題となります。販売各社様も、日本酒への興味喚起、販売促進に、IWC「SAKE部門」入賞の情報をお役立てください。

  • 「トロフィー」受賞銘柄(カッコ内は総出品数)
    • 普通酒 部門(76)
      • トロフィー「天鷹 旨辛」天鷹酒造株式会社(栃木県)
      • 岐阜トロフィー「小町桜 別囲い」有限会社渡辺酒造店(岐阜県)
    • 本醸造 部門(75)
      • トロフィー「初孫 伝承生もと」東北銘醸株式会社(山形県)
      • 京都トロフィー「月桂冠 特撰」月桂冠株式会社(京都府)
      • 岡山トロフィー「嘉美心 秘宝 本醸造」嘉美心酒造株式会社(岡山県)
    • 純米酒 部門(337)
      • 純米トロフィー「純米酒 月弓」名倉山酒造株式会社(福島県)
      • 福島トロフィー「伝承山廃純米 末廣」末廣酒造株式会社(福島県)
      • 山形トロフィー「初孫 出羽の里 純米酒」東北銘醸株式会社(山形県)
    • 純米吟醸酒 部門(323)
      • トロフィー「フモトヰ純米吟醸山田錦」麓井酒造株式会社(山形県)
      • 青森トロフィー「桃川吟醸純米酒」桃川株式会社(青森県)
    • 純米大吟醸酒 部門(440)
      • トロフィー「金雀 40%」有限会社堀江酒場(山口県)
      • 秋田トロフィー「天の戸 純米大吟醸35」浅舞酒造株式会社(秋田県)
      • 三重トロフィー「作 槐山一滴水」清水清三郎商店株式会社(三重県)
      • 山形トロフィー「熊野のしずく」東の麓酒造有限会社(山形県)
    • 吟醸酒 部門(40)
      • トロフィー「奥の松 あだたら吟醸」奥の松酒造株式会社(福島県)
      • 福島トロフィー「飛露喜 吟醸」合資会社廣木酒造本店(福島県)
    • 大吟醸酒 部門(223)
      • トロフィー「宮の雪 大吟醸」株式会社宮﨑本店(三重県)
      • 兵庫トロフィー「櫻正宗 金稀 大吟醸 原酒」櫻正宗株式会社(兵庫県)
    • 古酒 部門(59)
      • トロフィー「貴醸大古酒 古時計」加茂川酒造株式会社(山形県)
      • 栃木トロフィー「大吟醸 熟露枯 秘蔵10年」株式会社島崎酒造(栃木県)
    • スパークリング 部門(66)
      • トロフィー「一ノ蔵 すず音 Wabi」株式会社一ノ蔵(宮城県)
      • 和歌山トロフィー「紀土 純米大吟醸 Sparkling」平和酒造株式会社(和歌山県)
      • 山形トロフィー「米鶴スパークリング・ロゼ」米鶴酒造株式会社(山形県)
  • 「グレート・バリューサケ」受賞銘柄
    • 普通酒「小町桜 別囲い」有限会社渡辺酒造店(岐阜県)
    • 普通酒「天鷹 旨辛」天鷹酒造株式会社(栃木県)
    • 本醸造「月桂冠 特撰」月桂冠株式会社(京都府)

IWC 2018 受賞
イズミックおすすめ商品

奥の松  あだたら吟醸

「チャンピオン・サケ」
奥の松 あだたら吟醸
(奥の松酒造株式会社 / 福島県)
アルコール度15、日本酒度+4.0、
酸度1.3、精米歩合60%
『毎晩飲める吟醸』を、杜氏自ら櫂をとって仕込んだ入魂の吟醸酒です。ふくよかで爽やかな香り、なめらかなのどごし。冷で楽しむ晩酌などにおすすめの吟醸酒。

月桂冠  特撰本醸造

「グレートバリュー・アワード」
月桂冠 特撰本醸造
(月桂冠株式会社 / 京都府)
アルコール度16以上17未満、
日本酒度±0、酸度1.4
醸造に適した上質の原料米をていねいに磨いて、低温でじっくり醸し、適度の熟成で香味を整えた本醸造酒。優雅な香りと上品でふくらみのある風味により、料理の食味を邪魔せず調和をもたらす。

初孫伝承生もと

本醸造部門「トロフィー」
初孫伝承生もと
アルコール度15.5、日本酒度±0、酸度1.5

東北銘醸株式会社/山形県

「サケ・ブリュワリー・オブ・ザ・イヤー」
東北銘醸株式会社 / 山形県
江戸時代に「西の堺、東の酒田」といわれた山形県の港町にあり、創業以来一貫して時間と手間のかかる昔ながらの伝統手法である生もと造りを行っています。

桃川  吟醸純米酒

純米吟醸酒部門「青森トロフィー」
桃川 吟醸純米酒
(桃川株式会社 / 青森県)
アルコール度15以上16未満、
日本酒度+2、酸度1.4
青森県産酵母と桃川酵母を使用し奥入瀬川水系の軟水で南部杜氏が醸したコクがあり馥郁たる香りがキレの良さを引き出す吟醸純米酒。

末廣 伝承山廃純米

純米部門「福島トロフィー」
末廣 伝承山廃純米
(末廣酒造株式会社 / 福島県)
アルコール度15.5、日本酒度±0、
酸度1.6 〜1.8、精米歩合60%
大正初期から伝承される末廣の嘉儀式山廃造り。酸味と甘味が入り混じるバランスよい山廃純米酒です。

小町桜 別囲い

「グレート・バリューサケ」&
普通酒部門「岐阜トロフィー」
小町桜 別囲い
(有限会社渡辺酒造店 / 岐阜県)
アルコール度16、日本酒度-3、酸度1.4
冷でもコクを感じ、またお燗につけるとさらに旨みが広がります。 優しく甘美な味わいは飛騨の極寒造りが育む伝統の味。

宮の雪 大吟醸

大吟醸部門「トロフィー」
宮の雪 大吟醸
(株式会社宮崎本店 / 三重県)
アルコール度17、精米歩合40%
3年目の挑戦で初受賞。麹の状態に合わせて作業の段取りを入れ替えるなど柔軟に対応したことで麹がうまく働き、甘さやうまさを引き出すことに成功したという。

櫻正宗 金稀 大吟醸 原酒

大吟醸部門「兵庫トロフィー」
櫻正宗 金稀 大吟醸 原酒
(櫻正宗株式会社 / 兵庫県)
アルコール度17、日本酒度±0、
酸度1.3、精米歩合35%
最高の酒米、兵庫県吉川町産「山田錦」を100%使用し、精米歩合35%に磨き上げ、「山田錦」の純粋な旨味を最大限引き出した、手造り「大吟醸 原酒」です。

妙高山

普通酒部門「ゴールド」
妙高山
(妙高酒造株式会社 / 新潟県)
アルコール度15〜16、
日本酒度+2、精米歩合70%
新潟県産米100%と複数の自社活性培養酵母で醸し、麹造りも吟醸並みに手をかけ旨みを引き出す。冷やでも燗でも美味しい、飲み飽きしない淡麗甘口の定番酒。

吉乃川 厳選辛口

普通酒部門「ゴールド」
吉乃川 厳選辛口
(吉乃川株式会社 / 新潟県)
アルコール度15、日本酒度+7、
酸度1.2、精米歩合65%
なめらかな口当たり、口中に広がる旨味、スッキリした喉越しが一体となった味わい。キレよく、飲みあきしない高品質です。

さらに詳しい内容は担当営業までお問い合わせください。
掲載内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。